<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

かよう亭

一度は泊まってみたい憧れの宿
「かよう亭」

昼は雑木林や渓流の瀬音を聴き、夜は星を眺めて湯に浸かる。
贅の極みを感じる宿。

山中塗り、古九谷で名高い山中温泉郷。その他課題に建つのが『かよう亭』です。1万坪の敷地に自然に溶け込むように建つ500坪の建物。この空間創出が素晴らしい。贅の極みを感じさせずはおきません。部屋はわずか10室、一部屋を一人の仲居さんが責任を持って担当してくれます。かゆい所に手が届くくらいの素晴らしい配慮です。
玄関にスリッパは置いてありません。素足でゆったりとした畳廊下を歩く感触は、心地よい導入部として全身に伝わってきます。回廊式の中庭に臨むと、大ガラスに映りこんだ青空が眩しい。その素晴らしい景観は、部屋と風呂からの眺めと自ずから重なります。ここでの朝食は、泊り客の申し出の時間に合わせて用意してくれます。起床時間を気にすることもなく、暖かい布団の余韻を味わった後に、ゆっくり朝食をいただけるというわけです。
さて、その朝食、これがまた細心の気配りで供されます・・・。
もちろん、味もまた、地の物をふんだんに生かした絶品そのものです。

かようてい
●石川県加賀市山中温泉東町1-ホ-20
0761-78-1410

北陸地方の旅行ガイドはこちらからご覧いただけます

<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。