<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

冬の北海道旅行の必需品

冬の北海道旅行は見どころも満載です。

ただ、一日中氷点下なので防寒には十分備える必要があります。

通常はレンタカーでの移動が便利ですが、冬の道路になれていない人は避けたほうがいいようです。

スタッドレスタイヤの場合、道路が圧雪状態になり、非常に滑りやすくなっています。

特に幹線道路ではピカピカに磨かれ氷の上を走っているような感覚ですので、雪道の経験がないひとは公共の交通機関を利用しましょう。

公共の交通機関案内


キツネやシカに遭遇する場面もあると思いますが、絶対に餌をやらないようにしましょう。


特に北海道旅行のために防寒具を買う必要はないと思います。普段から着なれているコート類で十分でしょう。

マフラーを選ぶ


手袋はあったほうがいいでしょう。万が一転んだ場合に手を守ってくれます。首を暖めておくといいのでマフラーもあるといいですよ。

傘は邪魔になるのでフード付きのコートや防寒具が使い勝手がよいです。

コート探し


荷物はできれば背中に背負って両手は開けておきましょう。凍った歩道を歩く場合両手がふさがっていると危険です。

ブーツは溝の深い雪道用のブーツにします。滑り止め用のピンが打ってあるブーツも現地で調達できるはずなので、あると便利です。

最新ブーツ

あとは手袋、マフラーで調節するようにします。氷点下10度くらいになると寒いというより痛いという感じです。指先や足のつま先は特に用心が必要です。

使い捨てカイロも局所ではありますがたすかりますね。

カイロ激安

2重サッシや2重ドアのおかげで室内は暖房が十分すぎるほど効いていますので、むしろ暑いくらいの場所もあります。脱いだり着たりできる洋服を着ていきましょう。


北海道は移動距離が長いので時間に余裕をもって欲張らずに道東か道北に限定して動くのがよいと思います。

<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。