<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

北海道・富士屋のとうまん




札幌っ子なら誰でも知ってる


昔懐かしい実演販売の白餡饅頭





目の前でぐるぐる回るピカピカの機械。そこからかわいい焼き饅頭が次々と出来上がっていく。


そんな光景が、札幌で子供時代を過ごした多くの人々の心に焼き付いているといいます。


それが富士屋のとうまんです。


この実演販売とともに札幌名物となりました。




地元の百貨店、丸井今井の一角でとうまんの製造を始めたのは昭和27年のことだそうです。


やがて人気が高まり、札幌駅直結の商業施設にも出店。


どちらでもガラス越しにとうまんの製造工程を見ることができます。


とうまんの名は卵入り生地の焼き饅頭を一般にとうまんじゅうと呼んでいたのを略したということです。




大判焼きや今川焼きなどと同じカステラ風饅頭の一種で、形はやや小ぶりで丸く、中にはふっくらとした白餡が詰まっています。




皮の材料は小麦粉、精白糖、蜂蜜、卵のみ。


派手さはないかわりに素朴で飽きがこないのがとうまんの特長です。


同じく実演販売する姉妹品のフロマージュも人気商品です。


<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。