<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

格安航空券はなぜ安いの?

■格安航空券の安さの理由

格安航空券が安い理由は大きく分けると4つあります。

@閑散期にも旅行客がほしいからです。季節でいえば6月や11月は旅行シーズンではありません。なので、通常と同じ航空料金ではなかなかお客さんが来ません。
ということで、安い価格で航空券を販売しています。この、季節による料金変動をシーズナリティーといいます。

Aもうひとつの理由はツアー客用の航空券をばら売りしているからです。これは電車やバスにたとえると回数券のようなものです。一度にたくさん購入して、それを一枚一枚バラで売っているからです。金券ショップで売られているチケットも同じものです。

B3つ目は航空券に有効期限などの制限があるためです。格安航空券の多くは30日、60日限定といったように期間が限定されています。また、予約条件の変更不可など、旅行会社にとって有利な条件設定になっていますので格安になっています。

Cそして最後。これが一番の理由ですが、それは航空会社にとって好都合だからです。少し難しい話になりますが、ANAや日本航空などの航空会社が売る航空券の運賃というのは政府の認可が必要になっています。しかし、ツアー用の航空券を旅行会社に卸売りしてしまえば、航空会社ではなく旅行会社が販売することになるため、政府の認可は必要なくなります。厳密には必要なのですが、航空会社自身が販売していないためそこらへんはあいまいになっているようです。

旅行会社が勝手に値段を決められるので値段に差ができてその結果格安航空券が存在します。航空会社としても自社で販売できない代わりに市場の競争原理によって自由に販売価格がきまるし、政府の許可もいちいち要らないので好都合なのです。
<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。